BACK




行事予定



今後の予定


サプライズ登山も予定していますので、チェックをしておいてください。

宮島弥山倶楽部の登山は、保険をかけていません
自己責任を承知の方のみ参加ください。


2019年度の予定


12月8日(日)宮島弥山倶楽部 山中の石仏の掃除・お賽銭集め 小雨決行

集めたお賽銭は、下山時に大聖院に持参します。

集合時間:8時20分 集合場所:宮島口松大船待合室前
参加費:メンバー 500円 一般 1000円 (集合写真付き)
持参品:弁当・水分・杖・タオル・間食・掃除道具等



12月15日(日)宮島弥山倶楽部初心者登山 小雨決行
集合時間:8時20分 集合場所:宮島口松大船待合室前
参加費:メンバー 500円 一般 1000円 (集合写真付き)
持参品:弁当・水分・杖・タオル・間食等

【2019/12/16・東広島】内海文化研究施設 第46回季例会・公開講演会を開催します

  宮島と言えばまず嚴島神社が思い浮かびますが、宮島には神社の他に寺もいくつか存在します。
中でも、真言宗御室派の古刹、大聖院は、弥山信仰の拠点として重要な寺であり、観光施設としても人気を集めています。
今回は、その大聖院の住職であり、京都の仁和寺において重職を勤めていらっしゃる吉田正裕氏によるご講演です。
宮島における大聖院の存在意義や歴史について、わかりやすく語っていただきます。

お誘い合わせの上ご参加いたたきますようお願いいたします。

題目 宮島における大聖院の役割と歴史

日時 2019年12月16日(月)13:30~15:30

場所 文学研究科(文学部)棟1階  B104教室 (東広島キャンパス)

講師 大聖院住職 吉田 正裕 氏

概要

 今から1200年以上も前に弘法大師空海により開かれた宮島弥山。
その弥山に今もなお燃え続ける消えずの火を守る宮島最古の寺院、多喜山水精寺大聖院。明治まで厳島神社の別当寺としてこの宮島を見守り続けてきた大聖院座主の役割と歴史をお話しします。
また、国宝「平家納経」がなぜ厳島神社に奉納されたのか、今なお垣間見ることのできる、平家一門が造営した厳島神社と神仏習合の歴史も紐解きます。

【お問い合わせ先】
広島大学大学院文学研究科
妹尾研究室

TEL: 082-424-6668
E-mail: yseno@hiroshima-u.ac.jp
(@は半角に変換してください)


12月22日(日)宮島弥山倶楽部 山中の石仏の掃除・お賽銭集め 小雨決行
集めたお賽銭は、下山時に大聖院に持参します。

集合時間:8時20分 集合場所:宮島口松大船待合室前
参加費:メンバー 500円 一般 1000円 (集合写真付き)
持参品:弁当・水分・杖・タオル・間食・掃除道具・アイゼン等



1月1日 宮島弥山倶楽部 ご来光を見る会を予定しています。
ロープウェー始発で、獅子岩駅まで行きます。
秘密の展望場所へ行きます。ご来光を見たら、弥山へ行き
大聖院ルートを下山予定。


参加費:メンバー 500円 一般 1000円 (集合写真付き)  
交通費は別

この冬は、今まで行ったことのない場所にも行こうと思ってます。
参加はメンバーのみとさせていただきます。
自信のある方、興味のある方は、
事前に宮島弥山倶楽部の登山に参加してみてください。
そして、メンバーになってください。







「厳島に遊ぶ」描かれた魅惑の聖地
ITSUKUSHIMA IN ART

2019年11月23日(土)から12月29日(日)
海の見える杜美術館

開館時間 10:00~17:00(入館は16:30まで)
休刊日 月曜日
入館料 一般 1,000円 高・大学生 500円 中学生以下 無料
*障害手帳などをお持ちの方は半額。介添えの方1名入館無料
*20名以上の団体は各200円引き。


「タクシー来館特典」タクシーでご来館の方,タクシー1台につき1名入館無料(入館の際、領収書を提示ください)


主催:海の見える杜美術館  後援:広島県教育委員会・廿日市市教育委員会